あがり症 漢方

あがり症 漢方

あがり症さんにとって人前で話すことは、もっとも辛いことだと思います。

ところが社会に出ると、会議、プレゼン、スピーチなどなど、大勢の人の前で話す機会は多々あるのです。

あがり症を克服できればもちろんベストですが、あがり症と上手に付き合いながら話す方法もあります。

あるテレビドラマで登場人物がこんなことを言っていました。

「失敗しても、当たり前。

成功したら、男前」

まずは自分はあがり症だということを、認めましょう。

人前で話すのに緊張してしまうのは、あがり症なんだから当たり前。

顔が赤くなるのも、汗をかくのもあがり症なんだから当たり前。

「早くも顔が赤くなってまいりました」「おおっと、本日3度目の声の裏返りだ!」
心の中で自分を実況して見るのもおもしろいかもしれません。

自分はあがり症だから、失敗しても当たり前だ。

自分で自分に言い聞かせ、むしろあがり症を楽しむくらいの気持ちでいきましょう。

許されるような場なら「自分はあがり症でありまして」などと前置きしてしまうのもいいですね。

ただし、「あがり症だから失敗しても当たり前」は自分だけに言い聞かせる言葉。

相手には「自分はあがり症だけど、精一杯がんばります」と伝えなければなりません。

くれぐれも、あがり症を怠慢の免罪符にはしないでください。

トレーニング開始から5分?60分程度で「あがり症」を改善!?行列のできる、とよだクリニック監修【あがり症改善プログラム】