1日10分だけ布団の上で簡単にできる うつ病改善マニュアル 口コミとレビュー 購入者の感想

1日10分だけ布団の上で簡単にできる うつ病改善マニュアル 口コミとレビュー 購入者の感想

Pocket

1日10分だけ布団の上で簡単にできる うつ病改善マニュアル 口コミとレビュー 購入者の感想

→詳細はこちら

教材を探していて見つけたのが
岡田玲子(れい子)さんが執筆した「1日10分だけ布団の上で簡単にできる うつ病改善マニュアル」

根本的な思考回路がうつ病患者とは違うことがわかります。
医者でもらう薬には
「不快な症状を脳に働きかけて改善する」
「妨げている不安を取り除いて睡眠を促す」
などいろいろと効果が書いてありますが、飲んだ結果、
「一日中眠い」「朝晩の逆転」「頭痛」「体が重い」「便秘」「肥満」「高血圧」
など効用以上に重い副作用が襲ってきます。
それは私で私の「思考」と「感情」をコントロールするということになります。
簡単に言うならば「根っからの真面目人間」とおさらばし、
「私自身の大切なこと」
を認識してから
「私の人生を楽しむ」
ことを目標とするのです。
うつ病にならない人を調べてみると
でもこの簡単な方法は人間の自然治癒力に基づいたもので、
自然に改善する力を引き出すと言った効果があります。
うつ病についてよく言われるのが
「交換神経と副交感神経の狂い」「セロトニンの分泌不足」
などですが、そう言った科学的な原因はわかっていても実際は
「じゃあそれをどうやって改善するの?」
ということだと思います。
それも我慢していつかは改善すると信じ服用してももちろん改善する方もいるとは思いますが、
10年以上も経っても改善されない場合もあります。
この「1日10分だけ布団の上で簡単にできる うつ病改善マニュアル」をやると
性格が寛大になったり今までの負の考えが消えて行ったりの作用があることに気がつきます。
うつ病を改善する上で大事なことは、私の「思考回路を変える」ことが一番有効であり、
再発しないためにも根本的な思考の改善を必要とします。
うつ病は会社や環境に追い詰められて発症する病気ですが、
その副作用の症状に悩んでいた部分も多々あります。

購入者の評判も良くて、効果ありそうな感じ。

毎朝、なんとか起きようとしても、体が動かない、目が重くて仕方がない、
全く何もする気が起きない、会社に行くこともできない。
ともかく何もする気が起きない。
お腹は空くが買い物にも行けない。
簡単なこともとにかく億劫。
体が全く動かせない、起き上がれない、寝てもすっきりせず気持ちが落ち込むばかり
夜は、頭と体は眠いのに意味もなく目が冴えてついつい睡眠導入剤を飲んでしまう。
親からは
「出掛けて気分転換したら?」
と言われ、それすらできないことが理解してもらえないので絶望的になる。
時に無性に買い物をしたくなりットなどでバカ買いしてしまう。
購入金額を見ると後でびっくりする。
普段のすごく些細なことが気になりいてもたってもいられなくなる。
集中することができない。
私の性格が無能で何もできないと常に悲観的な見方をしてしまい、
まだ起きてもいない未来を心配してしまう。
薬で眠らされている感が強くてどんな体勢で寝てもしっくりこない。
肩こりや首が張ってどうしようもない。
何もする気がないし、興味も薄れている。友達と話したり、会ったりすることもできない。
今までより少しのことが凄く気になり他人にイラついてしまう。
感情を抑えられない。
などの、全ての悩みを解消することが可能です。

っていうのが、すごいよね。

私も購入しようかな。

→詳細はこちら